ワハハ人間の「能除一切苦」

  • 2011.08.22 Monday
  • 22:28
2008,9月 空.jpg

 

生まれついての病弱、深刻に考えがち、めんどくさそうなことばかり書いていますが、

わたしはじつは、昔からワッハハ笑うひとで、おまけに伴侶が笑わせるものだから、「深刻な考察」もたびたび中断され、なにごともいいかげんです。

 

原発事故以来、TV(と新聞)をニュースソースにすることはやめましたが、TVのごくクダラヌごくごくオモシロキ番組は謹んで視聴しています。そいでもってガハガハ笑っています。
は?残念ながら私は飲めませんのでシラフにて笑わせていただいてます。



苦しみこそ神が与えし試練、苦しむものこそ救われるという、キリスト教の教えは、いま苦しんでおり、出口の無いものにとってはおおいなる救いになりました。私も救われたようなおもいがしたこともありました。

「正当に苦しんだから、今がある」と友には言っていたし。それらも事実ではありましょう。
                  
しかし、生あるかぎり苦しみは終焉しないのです。

それは苦しみこそが人生だからですね。

Krishnamurti「あなただけが苦しんでいるとおもっておられるようだが、みんな苦しんでいるのです。幸福そうに見える人も、あなたとおなじ苦しみをもっているのです。」

 

ははー

そこで、まじめに苦を受け入れてみてはどうかとおもったのですね。
それをふまえて、ふまじめにおもしろく苦を生きちゃうことができたら…

つまり、苦をごまかし、めをそらして、はしゃぐのではなく、苦を肯定し、受け入れ、うけとめ、引き受け、生き、そのうえで、笑っちゃおうというのです。

眉根をよせて、深刻に、生きますか?それとも笑っちゃいますか?


「『ガルガンチュアの大笑い』を女性は理解しない」と吉行淳之介さんは言ったが、そのような大飲、大食、女無制限みたいな欲望肯定の笑いではなく、かといってシニカルな笑いでもなく、「ばかばかしくてわらいとばすしかないよ」といった笑い―どんなだ?虚空に咲くアダ花のような花火のような?…笑えば、カラダによいホルモンが出るそうだし…。



肉体の苦しみは神経をもったものには避けられないコトでありますが、ココロの苦しみは人間のエゴの葛藤がもたらすものでもある。

葛藤を終わらせ、「このよのすべては空」を見、「universal mind 宇宙精神」にまで到達する。

されば、
能除(のうじょ)一切(いっさい)()

と、般若心経にもあります。





外海のきらめき

  • 2011.02.17 Thursday
  • 22:54
2011.2月 003.jpg


家にいると、出かけるのがどんどんおっくうになるばかりでしたが、伴侶が、半ば強引に企画、鴨川まで、車を走らせてくれました。


外海は、とても久しぶりな感じがしたのですが、何年か前に外房を走っているので、見る方が変わったのかもしれません。

 

2011.2月 010.jpg


天津小湊の「うおまさ」。キンメダイとホウボウの煮付け。

板さんがつくると、煮付けもうつくしい。
煮られるほうも煮られ甲斐が…

 



祝!地中からの生還

  • 2010.10.14 Thursday
  • 00:00



チリの人たちが救出されています。


最初の一人があがったときには、涙がでました。


ほんとうによかった。


気温約35度、湿度約90%という過酷な閉鎖空間で、33人がんばりました。


2ヶ月あまりのリーダーシップがどんなものだったのでしょうね。


私自身が、閉所恐怖症なので、とても息づまるおもいでした。

 


暴力の行使に満ち、弱い人たちが受難しているばかりの地球に、こんなめでたいうれしいこと

がリアルタイムでみることができました。






 

ありがとう

  • 2010.07.15 Thursday
  • 21:42
2010.7月 004.jpg

 

あなたがいたから
         
        いきてこられた










                                                             

一所懸命は美しい

  • 2010.07.02 Friday
  • 23:01
2010.6月3 020.jpg 



W杯を、ダブリュハイと読んでいた私が、サッカーについて何をかいわんやではあります。

しかし、ワールドカップを見ながら、門外漢らしいことをおもっていたので、すこし。

ひとにはそれぞれ役目があるんだなあ、ということ。

どの役割がいいとかなんとかではなく、どんな役であってもその役を生きること。

 

そして勝つこと、生き伸びることをかけて、チームプレーで。

しかし、勝つのは一チームだけ。あとはみな負ける。

実質、負けるのだけど、日本チームをみていると、カチマケがなんぼのもんじゃとおもうよ。

 

しかし、パラグァイとか、南米の選手は、ティラノザウルスのようです。

南米大陸の原住民を絶滅させた移住民、ということがあたまをよぎりました。

日本とか韓国とか、精神文化の国だなあ。




魅せてくれました

  • 2010.06.26 Saturday
  • 22:32
 2010.5月4 木.jpg


 

 

サッカー、TVで見ました。

私のようなオフサイドすらしらない「部外者」がみても、引きつけるサッカーを、ジャパン

はしていました。

解説のアナウンサーが「魂の試合をしています」と言っていたが、

私がみても、チーム全体が、美しい動きをしているようにみえて、目が離せませんでし

た。

反骨のスピリット―本当の自分で自由に生きる!

というブログの中の記事で、
 

W杯日本代表は、宇宙とつながっている

            を、御紹介したいと思います。









素直な言葉

  • 2010.06.18 Friday
  • 10:13
2010.5月4 ガマズミ.jpg
                            ガマズミの花。秋には真っ赤な実になります。



発想の問題もだが、言葉が素直に出ず「この人は損をしているなあ」と思う人がいる。

変に明るい言葉、理屈にどんどん入ってゆく言葉は切ない。

素直に「うれしい、悲しい、切ない、腹が立つ」がいい。

素直な言葉を持っていると、こころが立ち直りやすい。わあわあと大変だというひとが、

けろっと元気になる。素直
に表現しない人が、つらいこころをひきずってしまう。…

 

けさの新聞に入っていたブックレット<アサヒスタイル>の中、「四万十川のゲリラ医師」

として在宅医療などに従
事しておられる大野内科院長 小笠原 望 さんのコラム<診

療所の窓辺から>―いのちを抱きしめる、四万十
川のほとりにて「使いたいのは素直な

言葉」より。

 

わかってるよと言う。

ほんとにそうだと。

自分が変に明るい言葉、理屈にどんどん入ってゆく言葉を言っていることに気がつ

いていない。

私。







受容。

  • 2010.06.13 Sunday
  • 21:57
2010.5月4 花.jpg

 

運命として受容して、淡々と生きておられる人たちも、苦悩やマイナス感情にさいなま

れ困難な道をたどって、受容をしてきたのだと、思う。

 

受容してしまえば、海は凪いで、むしろ不可思議な慈愛にみちた世界にはいることが

できる。ようなきがする。





 

 

 

ヒトリゴト追加しました

  • 2010.04.08 Thursday
  • 17:38
 
                                 


出かけられない現実をやっとのことでうけいれ、家にいて仕事をするのですが、疲れやすく寝たり座ったりしています。

「ちょっと休む」ということを、体が要求するので、お休み時間に「チョット」なにかできないものかと、「ツイッター」をはってみました。

不慣れですので、なにやら失礼がなければいいのですが。

Sylvan とは、樹木のおいしげった…つまり「森の」

Proton とは、「陽子」(ようし)…ということで後半はダジャレてます。 









 

真央さんのうつくしさ

  • 2010.03.09 Tuesday
  • 22:48


 

あたえられた才能をのびのびと開花させているにんげんのうつくしさ

真央は真珠のようだ

 

オリンピックというのは、国単位の競技であり、競い合うところでもりあがる

それゆえにかおおくのひとが関心をよせ、おおくのひとにみられる大会

 

真央さんは、集中ということにつとめたようだが、なにか―雑念のようなものか―がやってきてしまっていたのではないだろうか

あの選曲、あの衣装も似合わなかった

本人は、打ち破るために「らしくないもの」に挑戦したらしいが

真央さんが泣いたのは、全力をだしきれなかったからだろうか

あの、いつもの無邪気な完璧さで滑れていたら、銀でも泣かなかっただろう

まだ19歳 これからだ

 

荒川静香さんが、再起したのは真央さんの邪念なく楽しんで滑っているすがたに気付かされたという

静香さんはうつくしかった

たのしんで無心で滑っていた

 

だれであれ、無心で、あたえられたものを、生ききるすがたは、うつくしい





 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

言葉と出会う

My Kitchen

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM