なんでもない時間がきらめく

  • 2016.11.12 Saturday
  • 21:54

2016.9.29 010 (2).JPG

 

 

横になって日をすごし、さて起きて、ごはんのしたくをはじめる。

ふいに窓の外の木々の葉がひるがえりきらめく

なんでもないこんな瞬間がきらめく たしかにきらめいたのだ  

 

なんでもない木の葉っぱは、見る価値はない語るにたらない…素晴らしく描かれた葉っぱを賞讃する。小手先の技術を称え、真実のいのちの姿をみない。

社会はそういうふうに成熟してきて、いうなれば進化のひとつだとおもう。ひとの能力が最高値にまで達する。進化とは超えることでもある。

それがまた、なにかさりげないことに超えられる時というものがあるのだと、うっすらとだがかんじた。

 

私の、寝てすごした時間、ぼんやりしていたじかん、ご飯の仕度をするじかん、ちっぽけな欲望にかられて右往左往していたじかん。

なにをして、何を思っていた瞬間であれ、すべての瞬間が、きらめいていた…

とくべつななにかをほめられるなにかをしたときだけでなく。

あの葉のように…

 

しらなかった。

世の価値をはかるスケールをにぎりしめて、自分をも測っていて。

なんでもない時間はきらめかないと、いったいいつきめたのだろう?

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

言葉と出会う

My Kitchen

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM