村山 聖さん

  • 2016.12.01 Thursday
  • 19:35

2.92016 008.jpg

 

6年前に、大崎さんの本で、村山聖さんを知り、書いた記事がありました。 

映画化され、話題にのぼっている。

29年で生ききったひと。

その生に、言葉に、どんなに勇気をもらったことか!生かされたことか!

私は、なにも言えない。彼が生前残してくれた黄金の言葉を載せ、かれの生を称えたい。

 

 

早く名人になって将棋を止めたい。

 

 

将棋というゲームは頭の良さを争うゲームではなく、心の強さ、精神力の強さを競うゲームなのです。

 

 

(プロの場合)負けそう、負けるかも、といった感情は戦いのじゃまなのです。この世界は体が弱いとか年齢がどうかとか関係ありません。目の前の一局と全力をつくし負ければ、また次の一局に全力をそそぐ。この病気もそういう所があるように思います。…

               ―「腎炎、ネフローゼを守る会」機関紙への寄稿より

 

何のために生きる。

今の俺は昨日の俺に勝てるか。

勝つも地獄負けるも地獄。

99の悲しみも1つの喜びで忘れられる。

人間の本質はそうなのか?

人間は悲しみ苦しむために生れたのだろうか。

人間は必ず死ぬ。

必ず。

なにもかも一夜の夢。
              ―平成4年に母親が彼のアパートでみつけたメモ、いつ書かれたかは不明。

 

 

今年の目標は?

―土に還る

行ってみたい場所は?

―宇宙以前

 

 

僕、20才になったんです20才になれて嬉しいんです。20才になれるなんておもってもいませんでしたから」。

 


もしも健康のままだったら健全な体を感謝することなく生きていたし、身体障害者の事も遠い異国の人のように感じ、接することなく終わっていたでしょう。

               ―「腎炎、ネフローゼを守る会」機関紙への寄稿より

 

 

…もう何十年も走っていません。もう走ることはないでしょう。しかし力いっぱい走る体験より、もっともっとたくさんの体験をこの病気はくれたように思います。

                          ―同上

 

 

 人間は悲しみ、苦しむために生まれた。

それが人間の宿命であり、幸せだ。

僕は死んでも、

もう一度人間に生まれたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

言葉と出会う

My Kitchen

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM