思考(マインド)のすがた

  • 2016.12.11 Sunday
  • 21:49

2014.11.29 016.jpg

 

思考(マインド)のすがた

目覚めたとたん、奔流のようにおしよせる。それは濁流。私が無防備だからやってくるのか。くるしいよ。否定形がおしよせる。これが、思考の姿なのである。そうにちがいない。めざめ、ゆだんなくしていなければ、この濁った奔流に人生をながされおわってしまうのだ。こわいことだ。こんなことで人生を棒に振ってしまうのか?

私は眠りと目覚めのあわいに、とどまって、ただ濁流をみる。

こころにつきささる記憶や感情の断片などの汚物がながれてくる。

これに流されてしまったら、人生もそうなっておわってしまう。

 

それにとどまりたえることをしつづけていると、ようやく流れも弱くなってきた。

かつて私は、こんな濁流に一日中流されていた人生だった。

それはもんだいであり、それをなんとかしなければいけないのだと信じていた。

反対であった。なんとかしようとしても、じらすばかりの未熟さしかもちあわせていない。

しっかりみつめることこそがにんげんにできることであり人間がすることだとおもう。

認識すれば消えるという強力な答えをあたえられた。

そのような方法があることに感謝したい。

放り出されただけの存在じゃない

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

言葉と出会う

My Kitchen

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM