スポンサーサイト

  • 2017.11.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    病気という幸いもある

    • 2017.10.07 Saturday
    • 21:47

    11月.JPG

     

    自分の心身は、一応まちがえずにに動くことを信じている。そうやって働ける。もし悪くなればさまざまに治療して、よくなってリセットしはじめて働けてこれこそが自分なのだという設定があった。就職では健康ですか?と聞かれる。だから健康であることは生きることの必須条件なのだ。

    私のかつての喘息の発作はひどく行動を制限されるが、いづれすっきり直るものでもあって、リセットされる。むしろすっきり感さえある。

    失うものはたぶん発作の時間だけであり、ほかは無かったし、むしろよく働けた。

    そういう私は病気のなにもわかっていなかったといまおもう。

    いまははっきり進行してだるさや疲れ易さやもろもろがじょじょにましてきて、これは行動はもちろん人生も制限してくる。病気が主役になり、働くことや、楽しみごとなどはどんどん制限されてくる。これは自分が望んだものでないし、人生でもないとおもう。

    しかし、望んでいないのなら異物なのか?来てしまった忌むべきものなのか?

    私は、これまで読んだりした不治の闘病のひとのこころを、やっとおもいやることができるようになったとおもう。なおらない。この現実がいづれ自分の命をうばう。自分の人生も制限する。そうおもったじきもあった。

    しかし、ちがう。

    病気というと悪い意味、それからは脱出すべきものとしてあるが、そうではないと私はおもう。健康でなければ生きられないか?そうか?それもひとつの真理ではある。

     

    病気こそ自分。

    病気というと忌むべき言葉になっているから、そんなことを言うことは憚られる風潮はあり、それはそれでいいと思う。違う世界のようにも思う。

    自分というものは病気なのだ。私のばあい遺伝病なのでとくにそれはおもう。

    そういうことを、伴侶がことあるごとに私がおちこむごとに、いいんだそれでいいんだといいきかせてくれた。できないならそれでいい、できることをしていきてゆけばいい、と。

    私はそれを何度も言わせた。病人がわからずやだったからだ。

    いまは、やっとわかった。じぶんは病気であり、それを生きていると。

    じつに生きるに値する。

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.14 Tuesday
    • 21:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私も同感です。
      母から生まれた子がもし病気なしだとしたら、それはすでに私ではないです。「病気のない私」というのは存在しないんですよね。
      • どんぐり
      • 2017/10/16 11:02 PM
      すべての生命体は病気の芽あるいは可能性はもっています。
      病気で苦しんでいるひとは真面目になりますね。真剣になる、人生に。なんでかなー?
      • 2017/10/20 10:43 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      言葉と出会う

      My Kitchen

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM